空の雫

活字中毒で蹴球中毒な人の読書記録。
TB、コメントは承認制ですのであらかじめご了承願います。
(現在縮小運営中)
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
読書メーター
getsukiの最近読んだ本
2011年初夏創刊予定
さらさ文庫創刊!
Twitter
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
webリング
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 浪華疾風伝 あかね 壱 天下人の血 | main | バッカーノ!1932‐Summer―man in the killer >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
GOSICKsIV‐ゴシックエス・冬のサクリファイス‐
クリスマス前日、聖マルグリット学園は、最大のイベント“リビング・チェス大会”の準備で騒がしい。そんな中、いつものように独り読書にいそしむヴィクトリカ、彼女の退屈を追い払うため図書館塔を上る一弥―グレヴィールの初恋、アブリルの思い、ブライアンとブロワ侯爵の静かな戦い、そして―降りしきる雪の中解き明かされるのは、それぞれの“秘密”―名コンビ最後の平穏な日々を描く、大人気ミステリ外伝。


冬の一日に紡がれる小さな物語。そこに隠された秘密を解き明かしていく今作。まさに嵐の前の静けさといえる一冊でした。何か子供と一緒になって遊びまくっている大人が若干いるのは気のせいですか?(笑)まさか警部に初恋の君まで……。ついでに素朴な疑問も分かって、バスの中で声に出して笑そうになった。

ミステリの質を問うレビューも見かけましたが、短編集にそこまで求めるのもなぁ(このシリーズは力業な所もあるのであまり気にしてない人)まともに学園生活を書くのも久々なはずなのでその辺を楽しめばいいかと個人的には思う。
つまり。
ヴィクトリカのドレス姿をぜひ武田絵で‼そんな感じ(感想じゃねーし!)

これで心置きなく最終巻が読める、楽しみです。
| 感想:角川文庫 | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 20:38 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
コメントする






この記事のトラックバックURL
http://dripping-sky.jugem.jp/trackback/422
トラックバック