空の雫

活字中毒で蹴球中毒な人の読書記録。
TB、コメントは承認制ですのであらかじめご了承願います。
(現在縮小運営中)
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
読書メーター
getsukiの最近読んだ本
2011年初夏創刊予定
さらさ文庫創刊!
Twitter
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
webリング
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< GOSICK鷄 薔薇色の人生 | main | 境界線上のホライゾン鵯(上) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
さびしい女神 ―僕僕先生―
助けなきゃ! たとえ誰も振り向かなくても。あの子が最凶の神だとしても――。

苗族の国を襲う謎の旱魃。どうやら原因は、峰で出会ったちょっと変わり者の女神らしい。彼女のさびしさを癒せれば、この災いも解決する? なぜか引き止める僕僕先生を振り切って、解決策を探る王弁くん。彼が見るのは神仙が争う太古の幻、そして……。シリーズ第四弾は時空を超えるメガ・スケール、さらに感動度アップの最高傑作!


近々新刊が出るようで、間に合って良かったというべきか。今までは短編連作だったのがシリーズ初の長編で、その分スケールがでかくなったような。かといって僕僕先生と王弁の距離が縮まったかと言えば謎(笑)

前作に登場した蚕嬢の故郷へ行った僕僕一行は魃という神様に出逢う。いつもながら感情が先に走る王弁が今まで以上に動きまわっていくのですが、人としての彼には出来ることが少ない。それを分かっているから僕僕先生も彼を止めるのでしょうし、最後には魃の前に立ち、決着をつけようとする。過去の戦いを見ていたので「もしかしたら・・・」というのもよぎりました。もしこの先があるのなら、僕僕先生の過去も見れるのかな?それよりも蚕嬢とフクロウどうなのったの?!

何だかんだで新作が出るたびに読んでいるのですが、せっかく今回は主役らしい活躍をしたというのに王弁に感情移入できんかった。なので他のレビューで泣ける!っていうのを見て俺泣けなかったよとか思ったのは内緒だ。
| 感想:単行本 | 15:33 | comments(2) | trackbacks(1) |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 15:33 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
>藍色さま
TBありがとうございました。いい話なんだけど、いまひとつ乗り切れなかったのが惜しかったと個人的な感想でした・・・。
| 月季 | 2011/07/16 10:32 AM |
王弁と魃の友情物語が爽やかでした。
トラックバックさせていただきました。
| 藍色 | 2011/07/16 3:21 AM |
コメントする






この記事のトラックバックURL
http://dripping-sky.jugem.jp/trackback/382
トラックバック
「さびしい女神 僕僕先生」仁木英之
シリーズ四作目にして長編。旱魃の女神が封印されている辺境での話です。 過酷な運命に翻弄され恐れられ疎まれている魃を、なんとか助けられないものか!?。 特にこれといって優れたところのない人間である...
| 粋な提案 | 2011/07/16 3:18 AM |