空の雫

活字中毒で蹴球中毒な人の読書記録。
TB、コメントは承認制ですのであらかじめご了承願います。
(現在縮小運営中)
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
読書メーター
getsukiの最近読んだ本
2011年初夏創刊予定
さらさ文庫創刊!
Twitter
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
webリング
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
放置ですみません
放置しすぎですね、申し訳ないです(スライディング土下座
本は読んでいるんですけど、読書メーター付けたら満足、という感じでせっかくTBしてくださっているのに不義理しまくりで言葉もありません。
日常ブログと統合も考えましたが……せっかく今まで積み上げてきた記事がもったいないよなぁと。iPadからちまちまと更新できればと思っています。
| 日常雑記 | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) |- pookmark↑PAGE TOP
2012年5月のまとめ
ご無沙汰しておりました。
5月はあまり読めませんでした。今月は増やせるだろうか?夏コミは落ちてしまいましたが、小説を書いて投稿を目標に切りかえることにしたため、どうなることやら。

続きを読む >>
| 感想:その他 | 15:21 | comments(0) | trackbacks(0) |- pookmark↑PAGE TOP
2012年1月のまとめ
ノロウイルス対策にくたくたな1か月でした。
本棚を新しくし、ストレスから積本も増えたので、今月は積本崩しが多くなるかと思います。
3月になるとJリーグが始まっちゃってまた忙しくなるから、今のうち、今のうちw

続きを読む >>
| - | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) |- pookmark↑PAGE TOP
好きなライトノベルを投票しよう!! 2011年下期
いちせさん主催の「好きなライトノベルを投票しよう!! 2011年下期」に今回も投票させていただきます。
何もないのは味気ないのでとりあえずひとこと感想をおまけにつけてみます。参考になればこれ幸いです。
しかし少年向けラノベ、読んでないなぁ・・・今年はがんばろうっと(目標)
続きを読む >>
| 感想:その他 | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0) |- pookmark↑PAGE TOP
2011年 年間まとめ@読書メーター
2011年の総読了数は414冊でした。
漫画や実用書込みなので、小説だけだともっと少ないです・・・個人的まとめはこちらから見れますのであわせてどうぞ。本当に偏ってますよww

続きを読む >>
| 感想:その他 | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) |- pookmark↑PAGE TOP
2011年 12月のまとめ
明けましておめでとうございます。
本年もつつましく、地味に更新していきますのでよろしくお願いいます。

では12月のまとめから。

続きを読む >>
| 感想:その他 | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) |- pookmark↑PAGE TOP
帝国の娘(下)
評価:
須賀 しのぶ
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 700
(2011-12-22)

カリエは病に臥せる皇子アルゼウスの身代わりとして宮殿に入り、教育を受け始める。それは事実上、皇位継承レースの始まりでもあった。優秀で冷静沈着なドミトリアス、優しく明晰なイレシオン、最も王に近い血筋だが、傲慢で感情的なミューカレウスの3人の皇子。秘密の匂いがする美貌の神官サルベーン、そして相変わらず冷徹な教育系エディアルド…役者は揃い、次なる陰謀の幕が開く。魂の少女大河ロマン急展開の下巻。

続きを読む >>
| 感想:角川文庫 | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) |- pookmark↑PAGE TOP
帝国の娘(上)
評価:
須賀 しのぶ
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 580
(2011-12-22)

女神の僕たる神鳥リシク、その翼から生まれたテナリシカ大陸の西に位置する大帝国・ルトヴィア。辺鄙な山村で平凡に暮らしていた少女カリエは、ある日突然さらわれ、ある高貴な人の身体わりにされた。礼儀作法から武術まで、過酷な訓練の日々、冷徹な教育係エディアルド、宮廷をゆるがす謀略―カリエは持ち前の負けん気と行動力ですべてを乗り越えてゆく。ただひたすら、生
きるために―魂ゆさぶる大河少女小説開幕。


続きを読む >>
| 感想:角川文庫 | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) |- pookmark↑PAGE TOP
ようこそ、古城ホテルへ 私をさがさないで
湖のほとりの白い古城。背筋を正して、客を迎え入れる四人の少女たち。そう、ここは、彼女たち―四人の女主人を擁する、世にも珍しい古城ホテル『マルグリット』。にぎやかで、でも平穏なそのホテルに、ある日事件が勃発!女主人のひとり、ドジっ娘魔女ピィを捕らえるために、賊が潜入したのだ。抵抗むなしくピィは連れ去られ…!?これは不思議なホテルを舞台にした、四人の少女の切なくも優しい友情物語。
続きを読む >>
| 感想:つばさ文庫 | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) |- pookmark↑PAGE TOP
シャイターンの花嫁 偽りの巫女姫と影の王子
敬愛する巫女姫を殺され、一族を滅ぼされて4年。復讐を誓う侍女アイシャは、水の精霊ナーギの助けで剣を鍛え、魔法の指輪で絶世の美姫に変化する術を得た。
時は満ち、仇と思しきザバルカド族の王子マハールの元に姫として嫁いだアイシャ。ところが、歴戦の軍人カファスにも同時に戦士として仕えることになってしまう。
陰謀と愛憎渦巻く砂漠の王国・カダルで、ひとり二役を演じる彼女が辿りついた驚くべき真実とは――。


続きを読む >>
Check
| 感想(ラノベ):一迅社文庫アイリス | 15:46 | comments(0) | trackbacks(0) |- pookmark↑PAGE TOP